iPhoneアプリを
開発しよう。

SwiftとSwiftUIの基礎

アプリをApple社に申請したいと思う超初心者を対象に
iPhoneアプリ開発とSwiftUIの本を出版しました。

 


2019年秋、iPhoneアプリ開発が
劇的に変わりました。


Apple社が革命的と称したSwiftUIが
リリースされて
超初心者でも簡単にアプリが開発でできる
環境ができました。
  • 01
  • もくもく会仲間

シニアプログラミング
もくもく会仲間

小泉勝志郎さんが提唱して、全国各地でシニアプログラミングもくもく会を展開しています。私は渋谷でのもくもく会には毎月出席しています。NHKはじめマスコミで報道されて仲間が急増しています。

現在、仙台、渋谷、大阪、名古屋で開催中。
 
上記の動く写真は2019.8.30に放映されたテレビ画面を撮影したものです。このような雰囲気で勉強を楽しんでいます。

シニアの仲間を増やすにはSwiftの解説書が必要と痛感

出版社が選ぶ専門家の書籍はどうしても説明が難しくなります。そこで、編集者に干渉されず、自由に書ける同人誌をつくりました。あのコミケに似た組織の技術書典7で出版しました。1万人のひとが訪れるビッグなイベントに初出場したのです。

2冊目は革命的なソフトSwiftUIに的を絞って解説しました。2冊併せて読むとリリースまでの問題をカバーしています。

同期の開発者 合計170歳
若宮正子さんは同年・同月生まれ

 小泉勝志郎さんの提唱で2017年4月にシニアプログラミングネットワーク立ち上げ講演会が渋谷で開催されました。100名を超える聴衆で会場は満席でした。その席で小泉さんに若宮さんを紹介されました。なんと、1935年4月生まれの同期生でした。お互いに10歳の時に終戦をむかえた戦争体験者。若宮さんは三菱銀行、わたくしは三菱商事を勤めあげ、定年後にパソコンをはじめた仲間です。
 
 若宮正子さんはApple社CEO、Tim Cookさんに招かれた世界最高齢のiOSアプリ開発者として有名です。国連でも堂々と演説をしたシニアでもあります。渋谷に引き続き、廣島、赤坂、仙台でも一緒に講演をしました。お互いに「人寄せパンダとして、シニアにプログラミングを普及する活動をしましょう」と話合った仲です。

  • 02
  • iPhoneアプリを開発して世界中に売りましょう

ウェブサイト上の手続きだけで
世界中に売れます。広告も配信できます。

Apple社は個人の開発者が作ったアプリでも世界中に売ってくれます。手数料はたったの30%年間登録料約1万円だけです。    
無料アプリでもGoogleの広告で収益を上げることもできます。

Macがあれば、
経験なくとも、すぐ始められます。

トミ爺は今までコードの意味がわかりませんでした。今度のSwiftUIは、コードを読むと意味がわかるのです。感激しました。自分が書いたコードで頭に描いた画面が作れるのです。趣味として始めて「私はiPhoneアプリ開発者です」と名乗ってみませんか。

  • 03
  • ラインナップ
 

iPhoneアプリ開発      

¥1,200.-送料込み印刷本 Amazon
¥1,200.-送料込み印刷本 Booth 
¥1,000.-
デジタル版Booth
注:Amazonでは送料が262円で固定になりますので、本体価格は938円となります。送料込みで1,200円は変わりません。
 

 

SwiftUI初級解説     

1,200.- 送料込み印刷本Amazon
1,200.- 送料込み
印刷本 Booth

1,000.- デジタル版 Booth  
注:Amazonでは送料が262円で固定になりますので、本体価格は938円となります。送料込みで1,200円は変わりません。
 
    

書いたひと トミ爺

独学でSwiftを勉強してアプリをリリースした人です。専門家ではありません。
そのため、初心者がどこでつまづくかを良く知っています。
こういうことは覚えなくともリリースはできますと本音で語ります。

ソフトのダウンロード⇨
アプリのリリースまで

専門家にとってはコードの技術的な意義が重要です。また、アプリ開発は実に奥が深く、とても1冊の本で説明しきれるものではありません。トミ爺は専門家ではありませんから、こだわりはありません。読者がアプリをリリースするには何が必要かを重視して書いてます。

トミ爺が作ったサンプル
で説明をしています。

トミ爺は新しいSwiftUIを勉強しながら、Book02を書きました。試しに画面のサンプルをつくり、それをベースに本に載せて説明しています。コードを書きながら、画面がどんどん変わるのを楽しんだ記録でもあります。

ウェブサイト情報を
ふんだんに載せてます。

Book01では88本、Book02では130本のウェブサイトを載せています。トミ爺が自分のアプリ開発のために検索して探し出したウェブサイト情報です。書籍の裏表紙にQRコードを載せてあります。読者のためのサイト情報一覧表に飛ぶ仕掛けになっています。

お客様の声

フーテンのグラさんがYouTubeで語っています。

 「84歳のトミ爺がプログラミング学習について、とってもいいこと言ってます。」
https://www.youtube.com/watch?v=bHkrbeLzhx4&feature=youtu.be

Boothのお客様から頂いた声です。

まだ第一章までなのですが、全くの初心者の私にもわかりやすくワクワクしながら読み進めています。子供がプログラミングに興味を持ち始めた事がきっかけで知識だけでもと思い購入させて頂きましたが、自分も開発までできたら!と希望を持ちました。ありがとうございます。素敵なシールもありがとうございました。

2020.7.19シニアプログラミングもくもく会渋谷に取材が入り、上記の流れる写真のように8.30に放映がありました。